スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

OCGP 2010 ー Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ ー

OCGP 2010 オーバークロックビギナーズクラスにエントリーさせていただきます。
オーバークロックは今回、初挑戦です。

定期考査1週間前の高3生がこんなことしてていいのか!?

OCGP 2010 ー Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ ー


■応募部門

オーバークロックビギナーズクラス

■エントリーマシンの構成パーツ

メーカー型番備考
CPUintelCore i7-920¥26,710
マザーボード
CPUクーラー
ケース
電源
ShuttleSX58H7自作PCの祭典2009賞品
メモリCorsairTR3X3G1333C9¥4,500 新品未開封品
ビデオカードXFXHD-477A-YDFC¥8,280
HDDWestern DigitalCaviar Blue SATA 500GB前PCより流用
光学ドライブN/AN/A未装着
OSMicrosoftWindows 7 Home Premium DSP版前PCより流用

■エントリーマシンの外観写真
外観写真
LED

内部で怪しく光っているのはLEDテープです。
電源を繋ぐだけで光ります。
一時的に006P角型の9V電池を使用し撮影しています。
実際には12Vで光らせています。

■エントリーマシンの内部写真
内部

内部がせまいので、線をまとめるのは大変ですw

■エントリーマシンの冷却装置の写真
冷却

■CPUのオーバークロック後の動作クロック
CPU-Z

CPU-Z
3798.6MHz
190*20=3800MHz

Super π

Super π
104万桁 10秒

バイオハザード5

バイオハザード5
前PCでは動かなかったベンチです( ´∀`)

■解説文

コンセプト

小さくてもハイパワー ~ゲームもぬるぬる楽しめる?~


今回、初めてオーバークロックというものにチャレンジしました。
初めての経験でしたが、2.66GHz⇒3.8GHzまでクロックをあげることができました。
3.8GHzにあげましたが、安定していて常用することも可能だと思います。

このPCは、自作PCの祭典2009の賞品で頂いたShuttle SX58H7を元に組んでいます。
OS,HDDは前PCより流用し、CPU,メモリー,ビデオカードのみ買いました。
CPUは一番安い920を、ビデオカードは、キューブケースなので外排気型のものを選択しました。
そして、メモリはじゃ○ぱらで売っていた新品未開封です。
4万円以下でi7マシンを組むことができました。

5インチベイが開いてるのは、2.5インチのSSDを2台搭載する夢が(ry
eSATA拡張キットがあるので、ケースを開けずに光学ドライブを接続し使用することができます。

最後に発熱の問題ですが・・・・・特に問題なさそうです。
CPUの熱をケースの中にバラ撒かないShuttle独特のCPUクーラーのおかげかもしれません。






何か気になることがありましたら、コメントにて連絡ください。
アドバイス等、大歓迎です。
スポンサーサイト
[ 2010/05/16 02:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

自作PCの祭典2009 Atom330 キューブPC

自作PCの祭典2009 祝デビュー! PC自作ビギナー部門にエントリーさせていただきます。
昨年12月に作成したばかりのPCで、まだ何も弄っていませんが、自作PC作成の先輩方にアドバイスを貰えたらなぁと思い、エントリーさせていただきます。

自作PCの祭典2009

■応募部門

祝デビュー! PC自作ビギナー部門

■エントリーマシンの構成パーツ

CPU intel Atom 330 (1.6GHz / L2 1MB)
マザーボード Intel BOXD945GCLF2
メモリ DDR2-5300 2GB x1
ビデオカード オンボードグラフィック GMA 950
HDD SATA 500GB Western Digital
光学ドライブ なし OSインストール時のみ取り付け
CPUクーラー 標準品
ケース Shuttle KP10
電源 ケース付属100W電源
ディスプレイ acer V193WB - 19インチ ワイド
ケースファン Enermax EVEREST UCEV9

■使用OS

Windows 7 Home Premium 32bit DSP版

■ベンチマーク結果の画面ショット

「CPU-Z 1.53」の情報画面
CPU-Z

Windows 7の「エクスペリエンスインデックス」表示画面
exs.png

「PerformanceTest V7.0 Build 1011」の結果表示画面
bnch2c.png

「BIOHAZARD 5 ベンチマーク」の結果画面
bio.png

Unsupported pixel shader version detected.
サポート対象外のピクセルシェーダのバージョンを検出しました。
起動できず・・・。

■エントリーマシンの外観写真
DSCF1724.jpg
DSCF1723.jpg
DSCF1727.jpg


■エントリーマシンの内部写真
DSCF1721.jpg
SATAケーブルは、20cmのものに交換してあります。

■解説文

今回、初めて自作PCというものにチャレンジしました。
学生ということもあり経済的に余裕がなく(時間はありますが)予算はOS込みで40,000円。
ディスプレイは、ネットブックMSI Wind Notebook U100 Plusの外部出力用に使用していたモニタを使用。
ネットブックで使用していたCPU Atom N280の低発熱・低消費電力に魅力を感じ、CPUはAtom 330を使用したいと考えました。
部屋にPCを置くスペースがなかったので、机の上におけるPCということで、ShuttleのベアボーンキットX27Dを検討しましたが、2.5インチのHDD1台しか搭載できないということで断念。
同じShuttle社製のMini-ITXケースKP10を使用することにしました。
使用目的は、ウェブブラウジング、メール、スカイプ等ですので、Atom330+IONは必要ないと感じ、マザーボードはIntel BOXD945GCLF2を選択しました。
光学ドライブは、普段使用しませんので、OSインストール時のみ取り付けました。
その他、RAM2GB、HDD500GBを搭載し、なんとか予算の40,000円に収めることができました。

実際に組み立ててみると、ケースが想像より小さく、そして美しく、机の上に置いても違和感がありません。
ベンチマークの結果を見て少しガッカリしましたが、ウェブブラウジング等快適にできています。
初めての自作PCでしたが、トラブル等なく、満足しています。

■Windows 7を使って良かったと感じた点

今回、初めてのPC組み立てということで、OSインストールも初めてだったわけですが、難しい操作もなく、とても簡単にインストールすることができました。
他のOSをインストールしたことがないので比較はできませんが・・・。
Windows 7を使って一番良かったと思えることが、起動と終了がとても早いことです。
電源ボタンを押して、机の上を少し片付けている間に起動し、メールのチェック、ウェブブラウジングが開始できます。
とても便利です。
ベンチマークの結果を見ての通り、スペックは低いですが、快適に使用できています。
[ 2010/01/15 14:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Atom-PC

Author:Atom-PC

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。